こちらは成文社のページです。

名前の哲学

20世紀ロシア神名論の哲学

セルゲイ・ブルガーコフ著/堀江広行訳


ISBN978-4-86520-049-2 C0010
A5判上製 本文縦組予368頁
定価(本体予5000円円+税)
2020.09

無神論に対抗して20世紀初頭に花開いたロシア宗教哲学は、ロシア正教の言語観と神名論に着目した三人の哲学者による独自の言語哲学を生んだ。本書はその内の一人のセルゲイ・ブルガーコフによる『名前の哲学』の本邦初訳。ソロヴィヨフのソフィア論に影響を受け、あらゆる名詞の背後に人間を介した宇宙の発話と、宇宙を介した個人の発話を見て、これら人間によるすべての命名の頂点にある神名の啓示を説く。


HOMEリレーエッセイ既刊書新刊・近刊書書評・紹介チャペック