こちらは成文社のページです。

資本主義の世界像


オットー・バウアー著/青山孝徳訳


ISBN978-4-86520-052-2 C0022
四六判並製 本文縦組96頁
定価(本体1000円+税)
2020.09

本書は1916年、シベリアの捕虜収容所において、大きな資料的制約の下で執筆された。バウアーの唯一とも言える哲学的著作である。名著『封建的世界像から市民的世界像へ』(1934年)の著者フランツ・ボルケナウは、A・M・デボーリン、G・ルカーチとならんで、オットー・バウアーの本書から重要な示唆を受け取ったことに言及している。


HOMEリレーエッセイ既刊書新刊・近刊書書評・紹介チャペック